ラジオ波とキャビテーション


 ボディラインをすっきりさせる“スリミングメニュー”では

『ラジオ波』という高周波温熱機器と

『キャビテーション』という超音波機器を使用しています。


当店ではラジオ波、キャビテーション機器ともに

効果と安全性に優れた国産メーカーの物を導入しています。



ラジオ波


高周波により体を深部まで温める事ができる機器です。

治療院やスポーツコンディショニングに

おいても活躍しています。

 

ラジオ波の凄いところは

体を外側から温めるだけでなく

細胞を活性化させて自分自身の体に熱をつくらせ

体内温度を1~5℃

部分的には7℃まで上昇させる事ができます。

 

ラジオ波の深部温熱作用は

血流を改善し、冷え症、肩コリ、筋肉疲労

基礎代謝アップ、脂肪燃焼など

様々な効果があります。


ラジオ波は痛みや振動などが全くありません。

あたたかな熱がとても心地よく

ホットストーンマッサージのような感覚です。


キャビテーション


特殊な超音波が脂肪細胞にのみ働き

脂肪を減少させる事ができる機器です。

 

キャビテーションは『空洞現象』と言われ

液体の中に短時間に“気泡の発生”と

“消滅”起こす物理現象です。

この機器では脂肪細胞内の水分に

バブルを発生させ、バブルが弾ける時に

脂肪細胞を液状化させます。

液状化した脂肪は老廃物として排出されます。

 

キャビテーションは皮下脂肪や

セルライトを減少させるので部分痩せに効果的です。

 

痛みや振動は全くありませんが、『キーン』という

高音の骨伝導音が、体の中に響きます。

キャビテーションは医療機関でも採用されており

血管や筋肉、内臓などには影響を与えない事が検証済みで

骨伝導音についても体に影響はありません。

 

 

ラジオ波・キャビテーションを受ける前の注意事項


◇以下のいずれかに当てはまる方は施術を受けられません。

 

・体内に金属の入っている方(ひざにボルト等)

・心臓病(ペースメーカー使用含む) 

・癌 ・腫瘍

・糖尿病 ・肝臓病(肝炎など)

・腎臓病 ・高血圧症

・循環器系疾患 ・甲状腺疾患 

・神経疾患 ・知覚、感覚障害

・てんかん ・AIDS/HIV

・隆起したホクロ

・妊娠中、授乳中

・その他持病のある方  


*三半規管が弱い方

 難聴の方はキャビテーションは受けられません。

 


◇以下のいずれかに当てはまる方は施術を受けられるか医師に確認して下さい。

 

・特に肌が敏感  

・薬を服用、使用している

・通院中  

・喘息

・過去に病気、手術をされた方

 

 

◇当日の施術が受けられない可能性がある場合

 

・飲酒、二日酔い

・脱毛、剃毛直後

・日焼け直後

・皮膚疾患、傷がある場合

・体調のすぐれない時


・生理中 

 ご相談下さい

 下半身やお腹など施術が受けられない場合があります